phto3.jpg

2010年10月19日

ブラックダイヤ撮影に苦戦

20101019.jpg
ブラックダイヤの撮影に苦戦しています。
目にピントを合わせられず。。。
あと、なんでこんなに目の色が薄い感じになってしまうんでしょう。。
もう少し勉強しなきゃですね。。

20101019_2.jpg
こちらは稚エビの写真。稚えびについてはうまく撮れました。

posted by むらびぃ管理人 at 00:50| Comment(0) | ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

どのマクロレンズを購入したら良いのかなあ

20100920-1.jpg

20100920-2.jpg

20100920-3.jpg

20100920-4.jpg

今日はマクロレンズを購入するべく・・・ずっと悩んでました。
皆さんご存知のとおり(?)、今までむらびぃではコンデジ RICHOのR10を使ってシュリンプ撮影を行っていました(参考上下写真)。
昨日実家に帰った時に、父親がサブ機として使っていたキャノンのEOS KissX3のボディを強引に拝借。。。現在、手元にレンズ無しデジイチがあるという状況なのです・・・。

マクロレンズ・・・何買ったら良いのかな(汗 悩んでます。

候補は以下のものになってます。
@TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E) \40,300
ACANON EF100mm F2.8L マクロ IS USM \81,428
Bシグマ MACRO 50mmF2.8 EX DG \23,296
CTAMRON SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1 (Model G005) \37,937

以下、独り言です。。。

@は皆さん、シュリンプ撮影によく使用されていますよね。ただ、水槽の近くに寄れない、ポト用に使えないのがネック??
Aは@と同じような感じではありますが、手振れ補正がしっかりしているし、三脚使わずに撮影できるかもしれないので非常に惹かれるレンズ。けど価格が高いし買えないなあ・・・。
BとCは水槽の近くに寄って撮影できそう。ポト用にも使えそう。CについているAF機能が時々うまく動作しないことがあるらしい。口コミを見ているとBとCのどちらかを選ぶのならBの方なのかなあ。。

ううう。しばらく眠れない夜が続きそう。

20100920-5.jpg
夏に生まれたレッドビーの稚エビが大きくなってきました☆
posted by むらびぃ管理人 at 03:09| Comment(5) | ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ブラックダイヤ稚エビのその後A

20100608-1-1.jpg
ブラックダイヤの稚エビが生まれて早くも一ヶ月が経過してしまいました。。時間が経つのって・・・早いですねえ。

現在、稚エビの体調は1cmくらい。順調に成長してくれているブラックダイヤ君達ですが、食欲旺盛なのがちょっと気にかかっています。写真上で与えているのはADAが市販しているBeeというエサです。http://www.adana.co.jp/bee/food.html

最初は食いつきがあまり良くなかったのですが、なんとか餌付けに成功しました。


20100608-1-2.jpg
こちらは選別漏れになりそうなストライプ個体。確認していた薄青色個体は結局ストライプタイプになりました。オンリーワンの柄なので、個人的にはすごく愛着が沸いていますw
この柄も増やせれば良いなあ(^^)
posted by むらびぃ管理人 at 00:56| Comment(2) | ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ブラックダイヤ稚エビのその後

20100522.jpg


以前、記事にてGW明けに卵を残したまま脱皮した雌のお話をさせていただきました。稚えびの姿は1匹のみ確認・・・。その後どんな状況になっているのか・・。
経過のご報告をすっかり忘れていました(謝)。


あれから13匹の稚えびの姿を確認。孵化から2週間が経ちましたが一匹も欠けることなく(多分)、順調に成長しています。第二陣も孵化してくれましたので、稚えびの数は20匹超になりました。




20100522-2.jpg

ブルー個体



第一陣の稚えび13匹のうち2匹がブラック、10匹が濃いブルー、1匹が薄いブルーの体色となりました。



20100522-3.jpg

ブラック個体



聞いていた通り、金目出現率は100%でした。成長とともに黒さが増していくとのことでしたので、このままいけばフルブラック率の方も80%は達成してくれそうです。疑ってごめんなさい。成長速度はレッドビーシュリンプとほとんど変わりません。

個人的には濃いブルーの個体が好きです。そのうちみんなブラック色に変わっていくのだと思うと、少し残念な気がします。。




posted by むらびぃ管理人 at 20:35| ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

ブラックダイヤの稚えびが生まれました

black_b.jpg

最近、また更新をさぼっていました(汗)さて、記事タイトルの通り、ブラックダイヤモンドシュリンプの稚エビが生まれました。確認できたのは1匹だけ・・・。他の稚えびはどこに??

実は、GW中に京都の気温が不安定であったために、抱卵個体が抱卵したまま脱皮するという悲しい出来事がありました。卵が6つも脱皮の際に放り出されてしまいました。
放り出された卵の人工孵化を試みましたが、孵化に成功したのはたった一匹。卵の量は20個ほどであったと思うので、他に10匹程度水槽に潜んでいるはず・・・なのですが、非常に不安です。確認できていません。

ブラックダイヤの稚えびは薄い青色の体色で、目の色は金色でした。金眼100%固定、フルブラック率80%程度の血統らしいです。ほんとかな。他の稚えびをみないことにはまだはっきりしませんね(汗)



posted by むらびぃ管理人 at 02:47| ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

ブラックダイヤモンド水槽のソイルを変更

black2.jpg

写真を見てわかる通り、ソイルを交換しました。
今までは紅蜂シュリンプさんのgolden soil7.2を使ってきましたが、結局はソイルをアマゾニアに変更。。。

私が飼育しているブラックダイヤはTiger box直系飼育をしている方から譲っていただいた個体なのですが、やはりというか・・・Tiger Boxさんが販売しているエサしか食べてくれませんでした。食いつきの調子も良くない。。。かろうじて食べてくれる程度。槽内の微生物数はそんなに多くはないと思われる環境でした・・・。↓タイガーさんのエサです。ネタばらしですが、ソイル交換後は食いつきが非常によくなりました。




結局、いろいろな方のご助言を受けて、ソイルをアマゾニアに変更。clarificationパウダー(バクテリア酵素色揚げ剤?)なるものの作製方法を教えていただいたので、これをさっそく作製して水槽に投入。飼育水をそのまま使ったとはいえ、その後一週間でエサ食いが格段に良くなりましたし、2匹の雌が抱卵してくれるまでに状態が良くなりました。参考に使っているエサを記載しておきます。もちろんソイル交換後は上で紹介した2種のタイガーさんのエサも良く食べてくれてます。

無農薬ホウレンソウ、【GEX】 シュリンプ一番 FOOD タブレット 25g
紅蜂シュリンプフードSP 20gニチドウ ザリガニのえさ 30g、ADA、 ビーフード 15g入り

どのエサも良く食べてくれています。


ただ、アマゾニアだとブラックダイヤモンドの色が落ちていくので、これから濃い色を維持してくためにはclarificationパウダーの定期投入等のノウハウが必要になってくるとのこと。

しばらく眠れない日々が続きそうです・・・。


*アマゾニア投入から一ヶ月が経ちました。ブラックダイヤはいい感じで飼育できてます!



posted by むらびぃ管理人 at 23:47| ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

ブラック投入

RIMG1427.jpg

パイロットのブラックダイヤモンドを投入しました。
そんなにストレスがかかっている様子もなく、元気にしてくれています。
posted by むらびぃ管理人 at 23:38| ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

引越しと新規水槽立ち上げ

すごーく久しぶりに日記を書くような気がします。。

まずはご報告から。

@先々週、シュリンプと一緒に新天地に引越しをいたしました(といっても京都市内、区が変わっただけですけど)。
飼育していた我が家のレッドビーの大半は里子やオークションに出品させていただき、手持ちのビーは紅系統の選別組のみとなってしまいました。

Aひょんな事から、ゴールデンアイとブラックダイヤモンドGIシュリンプを飼うことに。引越し後、荷物整理も行わずに、急遽、空きの水槽やら新規購入水槽やらでオーバーフロー水槽製作にいそしんでいました。
RIMG1400.jpg

新居の水は琵琶湖疏水から引いてきたものとみて間違いないでしょう。
pH7、GH3が水道の蛇口から出てきた時の水の性質。

近くでGI飼育している仲間がいなかったもので・・・ソイルの選択とGH上げに苦労しました。

いろいろと苦心しましたが、問題は全て解決。
今回の件でネタができましたので、今後、少しずつ記事にしていくつもりでいます。
posted by むらびぃ管理人 at 00:46| ブラックダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。